支柱を使用して引違戸の出入り口に手すりを取り付けた事例

 

過去の工事で、壁面に手すりを取り付けましたが、居間から出てすぐに手すりが無いと転倒の不安を感じるようになりました。

 通常出入りを行う戸の側面に支柱を取り付け、過去に取り付けた手すりと連結する事で、出入り口~廊下までの連続手すりに改良する事が出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 支柱はもちろん縦型手すりとして使用が出来ますので、出入り口に回り込む際も安全性が向上します。