腰壁式の階段で、笠木に直接手すりを取り付けた事例です。

連続手すりではありませんが、利用者様が日常的に掴んでいる動線に合わせて取り付けています。

特に廻り階段の内側の壁面に、長い縦手すりを取り付けた事で、手すりを持ったまま約180度の転回が出来るようになり、シンプルでありながら、有効的な手すりとなりました。

 

ご利用者さまの声

階段の手すりの使い良さ、安定感、楽に階段が昇降出来るようになりました。