室内階段の両側壁面に連続手すりを取り付け

施工前

施工後

 

施工前

施工後

 

廻り階段の中央部分は縦型手すりを連続させる事で、手すりを掴んだ状態で約180度の方向転換が行えるようになります。

 

 階段壁面の角(入隅)部分はねじれた勾配になる為に、専用の金物を使って手すりを連続させていきます。

 

連続手すりを取り付けた時は、自分で幾度か目を閉じて昇降をしてみます。階段の角度に対して違和感や不安を感じないで昇降が出来ればOKです。

 

 

ご利用者さまの声

手すりが付いた事によって転倒の心配が無くなり、安心して暮らせるようになりました。