連続手すりへの変更

施工前

施工前

  以前の手すりは今のように手すりの金物が豊富でなかった為に、特に階段の手すりでは写真のような真っすぐな手すりを取り付けている事が多く、階段との高さがまちまちになっていました。

 

 最近では金物の種類も豊富になり、出来ない形が無いくらいに自由な形状の手すりを取り付ける事が出来るようになり、途中で途切れる事のない連続手すりを造る事が出来ます。

また、入り隅個所では「ねじれが」発生しますので、特別な方法で接続をします。

 

更に、遮断機式手すりのを取り付ける事で2階廊下の移動を容易にし、誤って転落する事も防止出来ます。

 遮断機式手すりの開時用固定金具を取り付ければ、縦型手すりとしても使用できます。