廊下にある浴室入口の遮断機式手すり

意外に気付きにくい事ですが、廊下等を移動(歩行)している際に壁や手すりを頼らないと移動が困難な方にとっては、廊下にある引き戸や扉が時として転倒の要因になる事があります。

例えば、引き戸に手を付いた際に引き戸が一緒に動いてしまいそのまま転倒してしまう。

扉のドアノブがレバーハンドルの場合に、レバーハンドルに掴まって移動をした際にレバーハンドルを下げてしまいドアが開いて転倒してしまう等・・・

こちらの事例はそのよう転倒を防ぐ為に入口を遮断するように取り付ける遮断機式手すり事例です。

頻繁に出入りを行うドアには不向きですが、浴室などの限られた時間にしか使用しない箇所では有効的です。

事例のメーカー(マツ六)の物は手すりを開けている(立てている)時は受けの金具によりしっかりと固定がされるので、縦型手すりとしても使用が可能です。

また、可動している最中に手を放しても途中で止まるので、手を離しても急にバタンと倒れてこないので安心感があります。