使用状況に合わせた室内階段の縦型手すりと横型手すり

室内階段の手すりについては、基本的には連続した手すりを外廻りの壁面に取り付ける事が多いのですが、階段の形状や使う方の状況によっては、階段の内側に縦型手すりと横型手すりを取り付ける方が有効的な場合もあります。

特に傾斜が急な階段の場合では、階段の傾斜に合わせて手すりを取り付けると手すりの角度も急傾斜になってしまい、手すりが掴みにくくなりがちです。

室内階段では仕方なく付いている斜め型の手すりですが、斜めに付いた手すりは水平に付いた横型手すりに比べると意外に掴みにくく感じるかと思います。特に急な降りでは恐怖を感じる事もあるでしょう。

事例の手すりは、両方の手で手すりをしっかりと掴んで階段の昇降が出来るように動作の確認を行って取り付けた手すりです。

ご利用者さまの声

確実で丁寧な仕事ぶりに感謝しております。安心して階段が降りられます。