既存の踏み石を撤去し、コンクリートアプローチを新設

施工前

施工後

踏石のアプローチは小さな段差や不陸があり、つまづきや転倒の危険性がある為、安全性を向上させる為の舗装工事は介護保険住宅改修の「床材の変更」の対象になります。

また、玄関ポーチに段差がある場合は、一緒に段差を解消する工事を行う事も出来ます。

施工前

施工後

 

通路の幅は1メートル以上を確保している為、あらゆる状況にも対応できるアプローチに仕上がりました。