玄関ポーチを一部拡張し、スロープと階段を造った実例

施工前

施工後

  階段とスロープの両方が必要な状態では、お互いの幅員を確保する為に「拡張」が介護保険で認められる場合があります。

今回は相模原市の住宅改修相談員が現地の調査を行い、階段の幅は60センチ以上、スロープの内法は75センチ以上、

階段の段差やスロープの勾配等も教科書通りの指示が与えられ、車椅子を使用した時の脱輪防止壁も必要という事で、

既存の花壇を解体し、全体的な拡張に至った実例です。

時間もたくさん掛かり、色々ありましたが、結果的にはとても使いやすい環境に変化しました。