汽車型便器の解体跡を最小限に補修をした事例

施工前

施工後

 

壁面は汽車型便器の台を撤去した跡のみにベニヤを貼り、ビニールクロスで仕上げてあります。

床は全面解体が必要です。仕上げ材は木目のクッションフロアーで仕上げています。

既存のトイレ室は和風の左官壁だったので、木目のクロスと床材を貼った事で風合いをあまり損なわなかったと思います。

手すりの取り付けに際しては、壁面の全面補強を行わなかったので、補強板を使用しました。