汽車式便器から洋式便器へ変更

 

施工前

施工後

 

和式便器と床を解体した後、配水管の位置の変更と給水管の調整を行います。

この機会に、給水管は可能な限り屋外から新しくします。

給排水管交換

屋外の様子

 

 古い給水管を残して壁の中で接続(継ぎ足し)をすると将来的不具合が生じた時に大変な事になります。壁や床に隠れてしまう配管は新品にし、出来る限り継ぎ目が無い状態がベストです。

 

 

 汽車式便器の撤去跡はサニタリーパネルで補修をし、費用を抑えました。

補強板を使用したL型手すりを取り付けて完了です。

 

ご利用者さまの声

和式便器に比べると、とても楽です。寒い冬は暖かくて眠ってしまいそう・・・